【小学生向け】教育アプリやコンテンツまとめ【厳選】

スポンサーリンク
小学生

小学生の子どもに一度携帯を渡したらずっと触っている。目も悪くなりそう。何にしても、見ているだけだから娯楽だし、気付いたらずっと見ている。どうせなら、学びがあるようなコンテンツを見せたい。

そんな方に向けて、本当に厳選した小学生向けの教育教材をまとめました。自分が本当におすすめのものしか載せてないので、数は少ないですが是非最後まで読んでみてください。

スマホは子どもにとって毒ではない

なぜ毒だととらえられているのでしょうか。

依存症になってしまうから? 目が悪くなってしまうから?

確かに依存症になってしまうとスマホから手が離せないなんてこともあるかもしれません。しかし、ちゃんと必要な時に有益である使い方を教えていれば、最高のツールだと思います。

無知の知を知ることができる

無知の知ってなんだよ!と思ったそこのあなた。聞いたことがある方も多いのではないのでしょうか。哲学者ソクラテスの有名な言葉です。

無知の知とは、自分がいかに無知であるかということを知ること

ネットの膨大な数の情報に触れることで、自分がどんなに無知か感じることでしょう。

正誤を見抜く力

ネットには様々なコンテンツが転がっています。信憑性の高いものから、偽装されたものまであるでしょう。あからさまに質の悪い(だます目的など)のコンテンツは排除されていきますが、本当にいろんな記事があります。

いろんな情報に触れることで、子どもにとって、これが正しいんだ、こんな意見もあるから、自分でも調べてみようとなるのです。

おすすめアプリ

【マインクラフト】(有料)

世界的に有名なゲームです。自分次第で、なんでも作れることから、教育的視点でもプラスに評価されていることが多いのではないでしょうか。自分で、何もかも作ることができる。子どもの中の創造性や、好奇心を引き出してくれるゲームです。

【BANDIMAL】(有料)

子ども向け作曲アプリ子ども自身が、直感的に音楽を作れるような仕組みになっています。絵やキャラクターもたくさん出てくるので、初見の印象も良いかと思います。また、割と本格的な操作で作ることができます。エフェクトがあったり、ループ機能があったり。

正解はないので、子ども次第で音楽が変わります。

【Google earth】(無料)

Googleが提供するマップアプリ。普通のGoogleマップとは違い、近づけば立体的に街を見ることができます。旅雑誌を見ながら一緒に見ていると、どこにどんなものがあるかしれることできますよね。教育向けに作られてはいませんが、すごくおすすめです。

【Think!Think!シンクシンク】(無料)

100種15000問の楽しいパズルや図形を使った問題が収録されています。なんと100万ユーザー突破。思考力をつけるために、いくつかの学習塾が手を組んで開発したもの。なんとあの有名な、花まる学習塾も手掛けています。

意欲が続くための工夫や、思考力を高めるためのアイデアが詰まっています。

おすすめコンテンツ

【ちびむすドリル小学生】(無料)

ちびむすドリル【小学生】
小学生の無料学習プリント・教材プリント

小学生向けの楽しい教材を無料でダウンロードできます。学年別に検索できるほか、絵を使った教材も多く子どもが飽きないような工夫がなされています。

ジャンルは、

国語、算数、社会、英語、理科、音楽です。

新着コンテンツも2019年10月現在どんどん更新されているようなので、是非一度覗いてみてください。

【スタディサプリ】(有料)

【公式】スタディサプリ小学講座(旧:勉強サプリ)|短時間で、ギュッと。
スタディサプリ小学講座(旧:勉強サプリ)は、小学4~6年生の勉強をすべて網羅した講座です。一流の先生の授業と一問一答方式のドリルで効果的な苦手克服を実現。すべての機能を、塾や通信教育を圧倒的に下回る料金でご提供します。

英語の教材で有名になったように感じましたが、小学生に向けたコンテンツも提供しています。いい点は、同じ様式の勉強コンテンツがいろんな教科で見ることができるということ。塾だと、先生と合わないとか、行くのがめんどくさいとなりがちですよね。

スタディサプリであれば、小学4,5,6年向けコンテンツに加え、中学高校の先取り学習動画も見放題なので、とてもおすすめ。

ちなみに値段は、1年9800円。料金の感じ方は人それぞれですが、普通の塾に通わせると月5万とかしますよね。

ネックなのは、進めてくれる人がいないということ。

でもそこは、“学ぶ楽しさ”を子ども自身が身に着けていれば、どんどん学んでいってくれます。

具体的な、子どもの好奇心のくすぐる本についてはこの記事でまとめています。

【NHK for school】(無料)

NHK for School
NHKは、学校放送番組やウェブサイト、アーカイブス、イベントなど、学校向けのさまざまなサービスを展開しています。

番組として様々なコンテンツが“面白く”まとめられています。子どもの頃12ちゃんよく見ていましたよね。「がんこちゃん」とか、「天才テレビ君」、「ピタゴラスイッチ」「クインテット」。これの学びや好奇心の成長に特化したサイトだと思います

また、ママ界隈で騒がれている“プログラミング”もコンテンツとしてあります。子どものきっかけにはうってつけなのではないでしょうか。

また、ニュースもわかりやすくまとめられているのが特徴です。

おすすめYouTube

【中田敦彦のYouTube大学】

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが運営するYouTubeチャンネル。話が軽快で、聞いていて飽きません。コンテンツとしては、社会、国語に関するものが多いかと思います。

自分が特におすすめの動画は、

「星の王子様」

【文学】世界的名作「星の王子さま」前編(しくじり先生リバイバル)

「人間失格」

【文学】太宰治の遺作「人間失格」ストーリー前編

「日本史シリーズ」

【日本史編ついにスタート】中田敦彦のエクストリーム授業!今さら聞けない「日本は元々どうやって始まったのか!?」縄文〜平安時代前編

【検索欄「自由研究」】

https://m.youtube.com/results?search_query=自由研究

ただ検索欄に自由研究と打つだけです。ネットコンテンツが潤ったことによって、いろんな題材が、YouTubeには転がっています。子どもにとっては、すべてが驚くものでしょうし、大人が見ても驚かされることがよくあります。

夏の宿題に限らず、いろんな実験を子どもと一緒にやってみるのも良いと思います。

【ちゃんDC】

10日でマスター!基礎英会話DAY #2 【英語リスニング聞き流しBGM】初心者 初級 #Elisbgm

これは、英語に特化した動画チャンネル。

あまり認知はされていないようですが、基礎英会話DAYというシリーズがわかりやすいです。わかりやすいというよりも、子どもが何となく見ていたら、ハマってしまうようなそんな動画だと思います。

ゆっくりと話が進んでいくことと、合間に短い例文があるのも良いですよね。字幕はないようですが、日本語を覚えるときも字幕はなかったはずです。自然と英語脳を形成させるには、良いコンテンツだと感じました。

以上。

今回は小学生におすすめのスマホ教材でした!ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました