学校に行きたくない子ども=悪い??【不登校】

スポンサーリンク
育児

息子が学校に行きたがらない。何があったかも話そうとしない。最近引きこもりがちになっている。

 

そう感じている、親御さんへ。

 

その悩みに対して、本質を考えていきましょう。

学校がすべてではないです

学校に行っていないと、取り残される?

なぜ学校に行かないといけないの?

 

こう考えたことはありますか?

 

学校に行かないという選択は、必ずしも“悪い”というわけではありません。

行った方が偉いという常識はありますが、それがすべてではないです。

 

学校に行かなかったら、何がダメでしょう。

先生が心配する。

子どもに「休んでも大丈夫だ」という思考が芽生えてしまう。

多くの人が言うのは、勉学が遅れてしまうということではないでしょうか。

 

でもそのくらいです。

今後の、子どもの人生の幸せを考えると、ちっぽけではないでしょうか。

 

思っているほど、【学校は、絶対】という考え方は、重要ではないです。

 

【なぜ】をしっかり傾聴してあげる

この記事を見ていただいている方は、少なからず子どもの異変を感じている方だと思います。

 

学校から帰ってきたら息子の様子がおかしい。

学校に行きたくないという。

 

理由は「めんどくさい」

 

なぜ、いつもと違うか。

 

知っていますか?これは、普段から家族のコミュニケーションが取れていないとなかなか話してくれない。

自分も、親と離れて暮らす子どもにかかわったとき、その子の悩みを知るのには、苦労しました。自分が思っている悩みとは、かけ離れたことで、本気で悩んでいたりするからです。

 

その時に、考えていたことは、

    子どもの視点に立つこと

    子ども自身の自分の考えが話しやすい状況を作っておく

 

この2点です。

1は、子どもの年齢、状況、役割を踏まえて、考えてあげることです。大人の視点で考えると、まったくと言っていいほど、かみ合わない。

2は、簡単に言えば関係づくりです。

 

しかし、ただ、好きになってもらうように、話すのではありません。

重要なのは【子どもが、考えて話すこと】です。

 

日ごろから、自分の中の「想い」を言語化し、それを聞く関係性を築いておきましょう。

 

いつもは聞かないのに、いきなり「なぜ」を聞き始めると、怖いので徐々に出大丈夫です。

 

もう一度言います。

 

【なぜ】を傾聴してあげましょう。

家でも教育ができる時代

ここで、当たり前を覆すお話を。

 

僕の実際の知り合いの話です。

 

皆さんは、“ホームスクーリング”というものをご存知でしょうか。

 

概要 https://ja.wikipedia.org/wiki/ホームスクーリング

 

家で、勉強を教えるというものです。実際に自分の家だけで、子どもを育て上げ、今は二人のお子さんを社会に送り出しています。

 

これを言うと、

それができるのは、教職を持っている家庭だけとか

賢い人にしかできない、結局お金が必要という人がいるかもしれません。

 

ただ、知り合いの方は、別に先生でもないし、教職経験があるわけではない。

今は、インターネットでも学べる時代です。

今は認知だけされていて、あまりポピュラーではありませんが、これから増えていくのではないかと思っています。

 

これはあくまで、【こんな方向もあるんだ!】という気付きのための一例です。

 

働き方が、多様化されている今。教育も多様性を持ち始めています。

 

しっかりと子どもと向き合って、

未来を考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました